バーチャルライブ配信「SHOWSTAGE」、AR対応のAndroid版が公開。第1弾ライブは1/26開催

©株式会社 音元出版

SHOWROOMは、本日1月17日よりAR/VRバーチャルライブ配信サービス「SHOWSTAGE」のAndroid版ARアプリをリリースした。

Android版「SHOWSTAGE」にAR機能を追加

SHOWSTAGEは仮想空間のライブプラットフォームで、その場にいながらAR/VR空間の中で開催される音楽ライブを視聴することができる。これにより、現在のライブ興行市場における課題とされる、会場までの物理的距離やキャパシティ問題などを解消できるとしている。

同社は昨年12月に開催した事業方針説明会にて、AR機能に対応したアプリのリリースを発表しており、本日そのAndroid版がリリースされたかたち。なおiOS版は2019年12月23日から提供を開始している。

AR機能では、スマホを机などにかざすことで現実の映像に重ねてライブ映像を見ることができ、「目の前にライブ会場を実現させる」ことが可能だという。今後は音楽コンサートだけでなく、講演会やお笑いライブなど実写を含めたライブも展開予定とのこと。

Android版は最低動作環境をAndroid 8.1以降としており、同社側でAR動作確認ができている端末は「Galaxy S10」「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」「Pixel 3」とのこと。なお、Android版は現時点で視聴専用で、チケット購入はWEBサイト経由、アプリ内における課金やギフティングは不可となる。

また「SHOWSTAGE」の第1弾ライブとして1月26日(日)に「超現実ライブ#1」を開催する。出演者は、2.5次元パラレルシンガーソングライター “酸欠少女” さユりの分裂した精神から生まれた「中2さゆり」、昨年デビューしDIVE XR FESTIVALにも出演した「波羅ノ鬼」が決定している。

第一弾ライブも決定。「中2さゆり」「波羅ノ鬼」が出演

中2さゆりのステージは17:50開場/18:00開演、波羅ノ鬼のステージは19:20開場/19:30開演となる。チケットはAR/VR両方対応で、2,500 SHOWSTAGEポイントが必要となる。