前田健太、MLB“サイン盗み”騒動に初言及 「投手はバレない努力はしますけど…」

©株式会社Creative2

自主トレで汗を流したドジャース・前田健太【写真:編集部】

前田は17年のアストロズとのワールドシリーズ第5戦でアルトゥーベに同点3ランを被弾

 ドジャースの前田健太投手は17日、都内のトレーニング施設「IWA ACADEMY」で自主トレを公開。17年ワールドシリーズで対戦したアストロズのサイン盗み疑惑が“黒認定”されたことについて、「今出てきたからと言って、僕たちが変わるわけではない。ただシーズンに入る中で(サイン盗みが)なくなるのは嬉しい。サインがバレなかったら打たれる確率、点を取られる確率は下がるので。投手としては嬉しい」と話した。

 前田は17年ポストシーズンで9試合救援し、2勝0敗2ホールド、防御率0.84。10回2/3を投げて5安打、10三振を奪うなど圧巻の投球を見せたが、敵地で行われたアストロズとのワールドシリーズ第5戦の5回にアルトゥーベに同点3ランを被弾。これが同年のポストシーズン唯一の失点だった。「投手としてはサインがバレない努力はしますけど……。その時はそんなことを考えていない。疑いの目で見ますけど、打者の方にも失礼。実力で打ったかもしれないので。結局、本人たちにしか分からないこと」と言葉を選ぶように話した。

 これまでにアストロズはMLB機構から処分を受け、ジェフ・ルーノーGM、AJ・ヒンチ監督が解任。当時のベンチコーチだったレッドソックスのアレックス・コーラ監督、当時の所属選手だったメッツのカルロス・ベルトラン新監督が解任されるなどスキャンダルは拡大し続けている。(小谷真弥 / Masaya Kotani)