【縁ありて山口】

No.10「郭 伝灝さん」

©株式会社サンデー山口

Q. 山口県で驚いたこと、新鮮だったことは?

A. 手つかずの自然が残っている秋吉台があることです。 

Q. 山口市に来て始めた趣味や活動などは?

A. 羊毛造形作家としての活動と、「阿東バスケットボールサークル」の立ち上げです。スナップをきかせる運動は、ニードルを使って羊毛を造形する動作と同じです。

Q. 山口市について思うことは?

A. 一見何もないように思われる場所には、実は無限の可能性が潜んでいると思います。 

Q. 作品について教えてください。

A. 頼まれた作品以外は、野生動物がモチーフです。骨格や生態系など詳細に調べた上で制作に取り掛かります。 

Q. 山口市にはいつまでお住まいの予定ですか?

A. 仕事以外で「いつ」ということはあまり考えません。妻や制作した動物たちを連れて世界中を旅したいです。

【プロフィル】1979年中国・北京市生まれの40歳。22歳の時に父親の勧めで来日し、2年間東京で語学を習得したのち、山口県立大に留学生として入学。異文化交流について学んだ。在学中と卒業後に自転車で日本を一周する旅を決行。2013年、羊毛フェルトに出会い、作品を作り始めた。2015年から「旅する羊毛」の名で羊毛造形作家として山口市阿東で活動中。