京阪線「夢洲」延伸は最重要課題

加藤CEO、IR建設念頭

©一般社団法人共同通信社

インタビューに答える京阪ホールディングスの加藤好文会長CEO

 京阪ホールディングス(HD)の加藤好文会長CEO(最高経営責任者)=(68)=は17日までに共同通信社のインタビューに応じ、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の建設候補地・夢洲(大阪市)へのアクセス向上が期待される中之島線の延伸について「(IRの)誘致が決まれば優先的にやりたい」と述べグループ戦略上の最重要課題との認識を示した。

 夢洲周辺のマンションやホテルなどの不動産開発よりも延伸工事に注力し、主力の鉄道事業を拡大する。中之島線は大阪市中心部の天満橋―中之島間を結ぶ。