男子ダブルスは8強決定 高校生ペア・戸上/宮川、水谷/大島に挑む<全日本卓球2020>

©株式会社ピンポン

写真:戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

17日、全日本卓球選手権は男子ダブルス5回戦が終了。水谷隼/大島祐哉(木下グループ)、戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高)、三部航平/及川瑞基(専修大)ら、ベスト8が出そろった。

戸上/宮川の高校生ペアが8強 次戦水谷/大島と

写真:水谷隼・大島祐哉(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルス注目の水谷隼/大島祐哉は木造勇人/田中佑汰(愛知工業大)に対して逆転勝利をおさめ、ベスト8進出を決めた。

インターハイ王者・戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高)は実業団ペア、横山輝/徳島剛(原田鋼業)を3-0で下してベスト8進出。ベスト8のなかでは最年少の高校生ペアは、次の準々決勝で水谷/大島に挑む。

写真:田添健汰(写真左)・田添響/撮影:ラリーズ編集部

4回戦で昨年準優勝の松山祐季/髙見真己(愛知工業大)を破って勝ち上がった田添健汰/田添響(木下グループ)の兄弟ペアは5回戦、川嶋勇樹/水谷良紀(JR北海道)をストレートで下した。

大学4年生の三部航平/及川瑞基(専修大)は青森山田時代からのチームメイト。同じ学校で出場するダブルスとしては最後の全日本だ。5回戦ではその優れたコンビネーションを発揮し、渡辺裕介/後藤卓也(協和キリン)を3-1で撃破。準々決勝進出を決めた。

次の男子ダブルス準々決勝は本日17日18時頃より行われる。

男子ダブルス5回戦 結果

吉田勝紀/大野聖弥(遊学館高) 2-3 ○江藤慧/松下大星(クローバー歯科カスピッズ)
○田添健汰/田添響(木下グループ) 3-0 川嶋勇樹/水谷良紀(JR北海道)
○水谷隼/大島祐哉(木下グループ) 3-2 木造勇人/田中佑汰(愛知工業大)
○三部航平/及川瑞基(専修大) 3-1 渡辺裕介/後藤卓也(協和キリン)
阿部悠人/杉本和也(希望が丘高) 0-3 ○鹿屋良平/有延大夢(リコー)
○戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高) 3-0 横山輝/徳島剛(原田鋼業)
松平賢二/平野友樹(協和キリン) 0-3 ○笠原弘光/上村慶哉(シチズン時計)
○池田忠功/宮本幸典(リコー) 3-1 松下海輝/藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)

男子ダブルス 準々決勝組み合わせ

水谷隼/大島祐哉(木下グループ) - 戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高)
田添健汰/田添響(木下グループ) - 江藤慧/松下大星(クローバー歯科カスピッズ)
三部航平/及川瑞基(専修大) - 鹿屋良平/有延大夢(リコー)
笠原弘光/上村慶哉(シチズン時計) - 池田忠功/宮本幸典(リコー)

文:ラリーズ編集部