就寝中の地震に備えを! 身を守る方法学ぶ 札幌で防災イベント

©北海道文化放送株式会社

阪神・淡路大震災から25年となった2020年1月17日、地震や台風などの防災から自分や家族を守る方法を学ぶイベントが札幌市内で開かれました。

北海道胆振東部地震や相次ぐ台風による自然災害。

道内でも毎年、増加する傾向がある災害の教訓を今後に生かすにはどうしたらよいか。

札幌市中央区の地下歩行空間で開かれたこのイベントは、災害から自分や家族を守る方法を、楽しみながら学ぼうというもので、防災ゲームやグッズの展示のほか、災害への備えや地震のメカニズムを解説するパネルなどが展示されています。

またステージイベントでは、UHBお天気コーナーの菅井貴子気象予報士が地震への備えを解説し、就寝中の地震に備え、家具の配置を工夫するなど、日ごろから防災を意識する必要があるなどとしました。