寺島進主演「駐在刑事」は大人の恋にも注目!!「一線を越えない恋がいい」

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で1月24日よりスタートする連続ドラマ「駐在刑事 Season2」(金曜午後8:00)の記者会見が行われ、主演の寺島進をはじめ、共演の北村有起哉、佐藤寛太、鈴之助、市毛良枝と、今シーズンからレギュラーキャストとなる田中美里が登壇し、見どころなどを語った。

同ドラマは、スペシャルドラマとして5本、昨年10月に連続ドラマとして放送された人気シリーズで、奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれる警察官で、かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していた江波敦史(寺島)が、時には組織や上司と激しくぶつかり合いながら、ただ犯人を捕まえるだけではなく目の前にいる人々に寄り添い、汗を流しながら奔走する姿を描くヒューマンサスペンスドラマ。

会見冒頭、出演者がそれぞれ演じる役の衣装で次々に登壇するが、なんと江波役の寺島はドラマで使用している自転車に乗って登場し、ドラマさながらに倒れ込んで会場を沸かせ、「1年ぶりに戻ってきまして“Season2”となりました。約7年間やっていますが、本当にずっとテーマは笑いあり、涙あり、義理人情あり、家族愛あり、そして今回は“希望の光あり”がポイントになっています」とあいさつした。

そして、新たなレギュラーキャストで、江波が一目ぼれする奥多摩のマドンナ、移動販売パン屋「ラ・メール」の店主・綿谷夏子役の田中は「新しいレギュラーとして参加することができて、とてもうれしく思っています。本当に長く愛されている作品に参加できて。入るとアウェー感があるかなとドキドキしていたんですけれども、皆さんに温かく迎えていただいて、とても自然豊かな奥多摩ののんびりした雰囲気と温かい皆さんの愛情に包まれて演じることができました」と喜び、撮影現場の印象を伝えた。

本作の魅力について、警視庁捜査一課管理官・加倉井国広役の北村は「この作品の持ち味というのは、非常に緩急があるなというところがありますね。硬軟。硬いところと軟らかいところ。鋭いところと優しいところ。その両面をちゃんと持ち合わせていて、だから飽きないのかなというのはありますね」と述べ、今作から警視庁第九方面本部奥多摩専任特別管理官となった軽部翔平役の佐藤は「僕の両親に“Season2”で僕がまた出ると報告した時にすごい喜んでくれて、毎話本当に楽しみに見ててくれたみたいで、いろんな世代の人に響くドラマになっているんじゃないかなっていうふうに思います」と本シリーズの人気を分析した。

山岳ガイド・池原孝夫役の鈴之助は「スペシャルの頃から7年間この作品に携われて本当に僕は幸せです。寺島さんをはじめ、あったかいキャラクターがたくさん出てきます。もちろん僕のお母さんの市毛さんですとか」と登場人物に触れ、孝夫の母であり奥多摩の老舗「水根旅館」のおかみ・池原美也子役の市毛も「やや昭和の匂いが残っている、お節介のような町の人々なんですけれども。それを奥多摩の自然が温かく包んでくれていて、そして硬軟取り混ぜて、加倉井管理官が厳しいところをビシッとなさってくださる」と登場キャラクターの魅力について語った。

今作では江波と夏子の恋の行方が注目されるが、大人の恋愛について問われた寺島は「それはやっぱり、一線を越えない恋がいいんじゃないですかね。その方がドキドキして、なんかこう新鮮で、思春期の少年に戻ったようなそんな感じがするので、いつも新鮮さがとても大事かなと思っています」と爽やかに答えると、感心した田中は「本当にそうだと思います。一線を越えない恋というのは本当にドキドキしますし、あえてプラトニックな関係というのはすごくすてきだと思います」と賛同。

さらに寺島演じる江波の魅力に触れ、「事件を解決したりとか、事件の現場に行ってる姿とか電話がかかってきた時に、夏子と会ってる時に見せるふわっとした優しい笑顔から一変するところが男性としてとてもかっこいいなと、演じていてすごく思っていたので、一線を越えずに気持ちで恋をしているというのは本当に“大人の恋”だなあっていうふうに思いますね。寺島さんの少年のような笑顔が見られると思います(笑)」と明かした。

最後に寺島は「ちょうど去年、撮影をやっている最中にですね、台風19号で全国が結構被災して不自由な生活をしている方々が多いと思います。すごく希望の光が見えるドラマになっている、元気をもらえるドラマだと思っているので、そういう不自由な生活をしている方々をはじめ、高齢者の方々とかぜひ見ていただきたいなと思っています。あと、各話で毎回、加倉井の回があったり、市毛さんと鈴之助の親子の回があったり、今までにないバックボーンが見える回がありますので、それがとても奥深くなっておりますので、それも見どころの一つかなと思います」と台風被災者への思いとともに見どころを伝えた。