地球史の一時代「チバニアン」に決定

©千葉テレビ放送株式会社

地球史の一時代「チバニアン」に決定

 約77万年から12万年前の地質時代を「チバニアン」と命名することが決まりました!地球史の一時代に「チバ」が刻まれることになります。
国際地質科学連合は17日、韓国・釜山で理事会を開き、地球史の区分に用いる「地質年代」のうち約77万年前から約12万年前を千葉時代を意味する「チバニアン」とすることを決定しました。
 チバニアンは市原市田淵にある地磁気逆転地層「千葉セクション」に由来していて、地質年代の名前で日本の地名にちなんだものは初めてだということです。

 市原市の小出譲治市長は記者会見で「これからはしっかりと世界の教科書に「千葉時代」が載るので市原市としては責任をもって保存保護はもちろん研究に資すること、観光に資する展開を図りたい、本当にうれしいニュースを皆さんにお届けできたことを心から感謝します。ありがとうございました!」とチバニアン命名を歓迎した上で、今後さらに増加が予想される見学客に対応するため仮設となっているビジターセンターの整備など見学の環境を充実させる考えを示しました。

 茨城大学などの日本の研究チームは2017年にこの地層の地質年代を「チバニアン」と名付けることを目指して国際学会に申請を行いました。 千葉の地層は当時の地球の磁気の反転の痕跡をよく残していることが認められ、去年までに1次から3次までの審査を通過していました。

 チバニアン決定を受け森田健作知事は「千葉の魅力を世界に向けて発信できる絶好の機会で大変嬉しく思っています。千葉県の魅力として多くの方々に知っていただき、様々な形で活用されることを期待します」とのコメントを出しています。