茨城空港 10年ぶりハワイ便 日航チャーター 3月に1往復

©株式会社茨城新聞社

県は17日、茨城空港の開港10周年を記念し、茨城空港(小美玉市)と米ハワイ・ホノルルを直接結ぶチャーター便を日本航空が3月に運航すると発表した。同航空のホノルルチャーター便は茨城空港開港時の2010年3月以来、10年ぶり2回目となる。

県空港対策課によると、運航日は3月6日茨城発、同11日ホノルル発の1往復。4泊6日のツアー客向けとなる。機体はB787-8(186席)を使用する。

現地では3月6〜8日、ハワイ最大級の文化交流イベント「ホノルルフェスティバル」が開かれる。

旅行商品の取り扱いはJTBが行う。旅行代金は19万9千円〜23万8千円(税込み)で、いずれもフリープランとなっている。一般募集は80人。