まちのうごき-1-

©株式会社VOTE FOR

◆市内から2氏受彰 県統計功労者表彰
今年度の県統計功労者表彰式が11月14日、県庁で行われ、市内からは宮本道子さん(吾妻町)が県知事表彰を、正道寺洋子さん(菰原)が経済産業大臣表彰を、それぞれ受けました。
宮本さんは、昭和61年から長年にわたり13種類60回と数多くの統計調査に従事し、他の調査員の模範であるとして表彰されました。正道寺さんは、平成8年から10種類33回の統計調査で調査員や指導員として正確かつ迅速に業務を遂行し、特に、経済産業省所管の統計調査を数多く担当し、表彰されました。

◆文科大臣表彰など受彰 滑川少年空手教室
今年度の生涯スポーツ優良団体が発表され、市内からは滑川少年空手教室が文部科学大臣表彰を受けました。
11月18日に滑川市空手道協会の石坂均会長と選手たちが上田市長を訪ねました。

◆スポーツ振興で県部門功労 なめりCANクラブ
今年度の富山県スポーツ部門功労表彰が行われ、市内からは、地域のスポーツ振興に貢献しているとして、なめりCANクラブが表彰されました。
同クラブは、市内初の総合型地域スポーツクラブとして平成16年に設立されました。幅広い世代向けに、数多くの競技スポーツや生涯スポーツの教室を開き、継続的にスポーツを楽しめる環境を提供しています。
11月22日に八橋謙二会長が市役所を訪れ、上田市長に喜びを伝えるとともに、教室のさらなる充実へ意気込みを語りました。

◆選挙制度130周年で表彰 明るい選挙推進協の原さん
選挙制度130周年記念の選挙関係功労者表彰の伝達式が11月28日、県庁で行われ、市内からは滑川市明るい選挙推進協議会副会長の原洋子さん(宮窪)が総務大臣表彰を受けました。原さんは平成14年に同協議会委員に就任し、県明るい選挙推進協議会委員も歴任。街頭啓発などを通じて投票率向上に努めています。原さんは同日、上田市長を訪ね、受彰を報告しました。
この功労者表彰ではまた、滑川市明るい選挙推進協議会会長の浦田保清さん(開聞庁舎)に、総務大臣感謝状が贈られました。

◆冬のまち明かり彩る イルミネーション点灯
冬の滑川を彩る「イルミネーションなめりかわ」が吾妻町のあづま園や駅前中央公園で行われており、約2万個のLEDで飾り付けられた木々の幻想的な雰囲気を、通りかかった人々が楽しんでいます。滑川ライオンズクラブが市民の協賛を得ながら行っており、今年が27年目。2月28日(金)まで毎日、午後5時から11時まで点灯されます。初日の11月30日には現地で点灯式が行われ、同LCの高橋敬二会長、竹原正人四献環境委員長、長森邦博監事と、上田市長がスイッチを押しました。

◆泉質・接客で北陸上位に みのわ温泉
全国区の天然温泉シールラリー「ゆらん」のエリア別ランキングが発表され、みのわ温泉ファミリーハウスが泉質部門で5位、接客部門で4位と、北陸エリアにある55の温泉の中で上位にランクされました。
昨年7月から今年6月を期間とするランキングで、泉質、ロケーション・雰囲気、施設の充実・満足度、接客の4部門について、温泉利用者が思い思いにベスト3を投票。みのわ温泉はナトリウム硫酸温泉のしっとりと肌になじむ泉質や親切丁寧な接客で利用者が増加傾向にあります。