知られざる男性乳がん…患者たちがつなぐ希望 『アライブ がん専門医のカルテ』第2話完全版

©株式会社フジテレビジョン

恩田心(松下奈緒)が所属する腫瘍内科に乳腺科から乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。患者は日ノ原徹(寺脇康文)という男性。男性の乳がん患者は、罹患者全体の1%にも満たず、その存在をあまり知られていない。部長の阿久津晃(木下ほうか)は光野守男(藤井隆)を担当に指名した。日ノ原と対面した光野は、彼の母親も乳がんだったことを知り、遺伝性の可能性もあると検査を勧める。さらに日ノ原から「娘がいる」と聞いた光野は検査を強く勧めるが承諾は渋られてしまう。「男の自分がなぜ乳がんに…」と戸惑いを隠せない様子だ。

一方、心も若い女性の乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)を、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)を伴い、診察していた。自分が乳がんと診断されたことを莉子は信じられず、会社への報告などに悩んでいた。診察後、心から莉子は乳房全摘手術が望ましいと聞かされた奈海は「まだ若いのに…」と漏らす。すると結城は「若いからこそ早期治療が必要だ」とドライに反論する。

仕事を終えた心がいつものように匠(中村俊介)を見舞って帰宅すると、京太郎(北大路欣也)が漣(桑名愛斗)の面倒を見てくれていた。だが、京太郎は漣を甘やかし宿題を手伝っていて、匠の意識が戻ることをあきらめたかのような様子をみせる。そんな京太郎に対していら立つ心。梶山薫(木村佳乃)に愚痴を聞いてもらおうとメールする。トレーニングジムでメールを受け取った薫だが、匠の事になると返答することが出来ない。薫がジムを出ると、須藤進(田辺誠一)が迎えに来ていた。しかし、須藤から心へ接近する意図を聞かれていた薫は、車に乗ることはなかった。

一人で乳腺科に診療を受けに行った日ノ原は、女性患者たちの視線を一身に浴びる。すると女性患者の赤城紀子(ふせえり)が声をかけてきた。一緒にいれば夫婦に見えると、紀子は日ノ原に微笑む。一方、莉子がスマートフォンで乳がんについてのページを読んでいると病院に来ていた友人の吉田葵(宮澤竹美)と会ってしまう。自分の病気を知られたくない莉子はその場を離れ、カラオケ店へ。

歌うこともなく、乳がんについての本をひとりで読む莉子。隣の部屋からは大きな声で男性が歌っている。莉子が部屋を出ると、隣の部屋から結城が出て来た。歌っていたのは結城だったのだ。早く手術をした方が良いと言う結城に、莉子はまだ病気への戸惑いを隠せない。

その頃、薫は街で高坂民代(高畑淳子)と偶然会い飲むことに。民代は患者会のチラシをくれたのは薫だったと突きつける。匠を見舞った心は、須藤から薫について聞かれていた。いつも世話になっていると言う心に、須藤は薫を一方的に知っているだけだと話す。その夜、須藤は心について話すことを口実に薫を呼び出した。今後のことを話したいと言う須藤だが、薫は今は考えられないと答える。

化学療法室で日ノ原が抗がん剤治療を受けていると、隣のベッドから紀子が顔を出した。抗がん剤治療中のケアを教える紀子に、日ノ原は礼を言う。治療室を出た紀子を心が見つけた。なぜここにと疑問を投げる心に、紀子はこちらにいる方が知っている顔も多いので心地良いと答えた。莉子がトイレにいると葵が駆け込んでくる。つわりで苦しむが幸福そうな葵。心の診療を受ける莉子は、人の幸せを喜べなくなって行く自分が怖いと取り乱しながらも早く手術をして欲しいと頼んだ。

数日後、心は化学療法室に日ノ原を訪ねる。日ノ原は紀子からもらったアドバイスを実践し、体調も良いようだ。最近、紀子の姿を見ないと言う日ノ原に、心は亡くなったことを話す。紀子は別棟で緩和ケアを受けていたのだ。心は紀子から預かっていたと、日ノ原に手編みのニット帽を渡す。夕方、薫に会った心は莉子のことを話した。

莉子の手術についての説明日。肝心の莉子が来ないと、乳腺科から腫瘍内科に連絡が入る。連絡を任された結城は莉子の母親に連絡。莉子は母親に伴われて心の元に現れた。心は、莉子を薫に引き合わせる。実は薫も莉子と同じ乳がんで、5年前に手術を受けていた。手術に対する不安とその後の生活を語る薫だが、莉子は悪いことしか考えられないと悲観的。

すると、薫は突然上半身の服を脱ぐ。薫は乳房再建をしていた。偽物でも時間が経てば愛情が湧き、自分の一部になる。もし傷が恋の障害になるなら、そんな人は運命の相手ではないと話し薫は手術跡を莉子に触れさせる。この出会いで、莉子は手術を受ける決心を固めた。紀子からニット帽を受け取った日ノ原も、遺伝性の検査を受けることを光野に頼んでいた。

心は薫に莉子の手術が無事に終わったことを報告。すると、薫は心を温泉旅行に誘う。温泉で疲れを癒した心と薫は帰途につく。マンションまで車で送ってもらった心が降りようとすると、薫は言わなくちゃいけないことがあると引き留めた。薫が話をしようとすると心の携帯に着信音。関東医大から、匠の容態が急変したという連絡だった。