『いきものがかり』“レイプ報道”否定も…蒸し返される半年前のウワサ

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Ollyy / Shutterstock 

3人組バンド『いきものがかり』の所属事務所が、1月16日にマスコミ各社へFAXを送付。翌日に発売を控えた写真週刊誌『フライデー』に掲載予定の記事について、事前に見解を示した。

同記事は、メンバーの山下穂尊に対する《私はいきものがかり山下穂尊の『デートレイプ』を許さない》という衝撃的なタイトルの告発。昨年2月に山下の自宅マンションに誘われた女性が飲酒したところ意識がもうろうとし、気が付くとベッドの上で性行為をされていたという内容だ。その後、女性は山下本人にLINEで抗議、謝罪を求め、このやり取りは誌上にも〝証拠画像〟として掲載されている。また、怒りと悲しみが収まらない女性が、昨年6月に警察へ被害届を提出していることも報じられている。

所属事務所が送付したFAXは、「フライデー」の発売に先立って山下の立場を弁明するもの。そこには、

《当該女性と一時期交際関係にあったことは事実ですが、それはあくまで双方合意の上であり、法に触れるような行為はございません》
《LINEのやり取りも全く心当たりがなく、事実ではないと認識しております》

などと記されており、今後は代理人の弁護士を立てた法的措置も検討しているという。

事実無根だと強く反発し、身の潔白を主張する山下と所属事務所。しかし、山下に女性スキャンダルが出るのはこれが初めてではなく、ネット上でも疑惑が広がっている。

 

真っ向否定も、これまで数々の疑惑が…

「2017年9月、『フライデー』は山下がOL風の美女を〝お持ち帰り〟し、数日後にはまた別の女性を〝持ち帰った〟という肉食系の実態を報道。昨年7月には、女性に二股をかけていたことが『週刊文春』で報じられており、女グセの悪さは広く知られています」(芸能記者)

ただ、上記の報道は、いずれも〝下半身がだらしなかった〟というレベルの話。しかし、昨年6月には、匿名ながら〝一線を越えた〟ことが疑われていた。

「昨年6月、芸能誌『実話ナックルズ』が《3人組の超人気バンドメンバーが、強制性交の疑いで事情聴取、または逮捕との情報が》との情報をツイート。同日、ノンフィクションライターの沖田臥竜氏が、突然《いきものがかり。。。》《まだただ相談の段階です。逮捕されませんよ》などと意味深なツイートをし、この3人組が『いきものがかり』とする説が有力視されました。『ナックルズ』は俳優・新井浩文の強制性交事件や元『TOKIO』山口達也の事件を発覚前にニオわせていた実績があり、芸能スキャンダルに関しては一定の信頼があるメディア。6月というタイミングも、女性が警察に被害届を出したという『フライデー』の記事と一致しますし、やはりこのときの『ナックルズ』が指していたのは山下のことだったのでしょう」(同・記者)

ネット上でも、

《こいつ女グセ悪過ぎだろ》
《「法に触れる行為ない」って、法には触れてないけど非人道的な行為って意味に聞こえるけど…それならいいの?》
《やっと紅白出てこなくなるのかな》
《「法に触れる行為はない」無理ヤリじゃないってことが言いたいんだろうけどイメージが悪過ぎる》
《女にだらしなくて隙のあるこいつにも問題があるのは事実だと思う》
《内容知らないが法に触れなきゃいいってのもおかしいよね 倫理観や道徳には触れてるってことかね?》

などと、冷ややかな反応が。

「いきものがかり」といえば、〝NHK御用達〟といわれるほどNHKとのつながりが強いバンド。しかし、公共放送の性質を考えると、今後は起用を見送られるかもしれない。

 

【画像】

Ollyy / Shutterstock