あす(日)も関東甲信は日差しつかの間 日本海側天気下り坂

©株式会社ウェザーマップ

19日(日)の全国の天気

 きょう18日(土)は東日本の太平洋側を中心に雨や雪の降っている所が多くなっている。このあと次第に雨や雪は止む見通しで、あす19日(日)の午前中はこれらの地域も日差しの出る所が多くなりそうだ。ただ、あす午後からは再び雲が広がる見込み。日差しはつかの間となりそうだ。

日差しつかの間 西から雲広がる

18日(土)午後3時の天気推計実況[上]と夜の天気分布予想[下]

 きょう(土)は関東甲信や静岡県を中心に雪や雨が降っている。この雨雲は次第に東に抜ける見込みだが、あす(日)の未明にかけて千葉県など関東沿岸部で雨の残る所がありそうだ。あす(日)の午前中は、これらの地域も天気が回復し晴れ間の出る所が多くなる見込み。

19日(日)昼前[上]と夕方[下]の天気分布予想

 ただ日差しはつかの間で、日本海には前線を伴った低気圧が発生して日本付近に近づく予想。また、四国付近にも低気圧が発生し、この影響で西から次第に雲が広がり、西日本から北日本の所々で雨が降り、夜は北陸を中心に雷雨に注意が必要となりそうだ。

朝の冷え込み強まる 路面凍結注意

19日(日)の予想最低気温

 朝の気温は全国的にきょう(土)より冷える所が多く、特に雨や雪の降った関東甲信、静岡県を中心に路面の凍結など注意が必要だ。
 日中の気温は東海から西日本で11℃前後の所が多い予想。関東甲信もきょう(土)より気温が上がるものの、10℃を下回る所がほとんどとなりそうだ。
(気象予報士・寺本卓也)