全国の「聖地」から京アニ応援

放火殺人事件から半年

©一般社団法人共同通信社

「響け!ユーフォニアム」の舞台、京都府宇治市を訪れノートに書き込む女性=18日

 京都アニメーション放火殺人事件の発生から半年を迎えた18日、ファンらは京アニ作品の舞台となった各地の「聖地」を訪れ「ゆっくりでいいので復活して」「これからも作品を見続けて応援する」とエールを送った。

 京都府宇治市は「響け!ユーフォニアム」の舞台。市観光センターには来訪者用のノートが置かれ、事件以降は「がんばれ京アニ!」などとつづられている。上海から婚約者と旅行で訪れた中国人女性は、日本のサブカルチャーに関心があり複数の京アニ作品に触れてきた。「京アニ最高! 加油(頑張れ)!」と書き、そっと手を合わせた。

「けいおん!」のモデルとされる滋賀県豊郷町の豊郷小旧校舎の黒板に書き込まれた応援メッセージ=18日