近大の伊東監督急逝、角界も悼む

数々の大相撲力士を輩出

©一般社団法人共同通信社

全日本相撲選手権大会で胴上げされる近大の伊東勝人監督=2019年12月、両国国技館

 近大相撲部の伊東勝人監督が18日未明、55歳で急逝した。数々の大相撲力士を輩出しており、親交のある日本相撲協会関係者からは悼む声が相次いだ。八角理事長(元横綱北勝海)は「同年代で、ただただびっくりした。いい力士を送っていただき、相撲界に貢献された」と神妙に語った。

 青森・五所川原商高―近大の先輩、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は「40年近く付き合ってきたので寂しい。相撲に真面目に取り組んでいた」と残念がった。高校、大学の後輩に当たる平幕宝富士は「厳しかったけど愛情があり、優しいところもあった」と話した。