<あのころ>テレビ時代の幕開け

試験放送に足を止め

©一般社団法人共同通信社

1952(昭和27)年1月19日、NHKがテレビ放送を開始する約1年前、試験放送を映し出すテレビジョンをラジオ店前で見詰める人々。即売会とあるが庶民には高根の花で、米国製の14インチブラウン管使用の扉付き受像機の価格は28万円。放送開始に合わせて国産テレビの開発も間に合った。