スノボW杯、戸塚優斗が2位

ハーフパイプ決勝

©一般社団法人共同通信社

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は18日、スイスのラークスでハーフパイプ(HP)決勝が行われ、男子で戸塚優斗(ヨネックス)が92.25点で2位となった。スコット・ジェームズ(オーストラリア)が95.75点で今季3勝目、通算6勝目。

 女子は冨田るき(新潟・開志国際高)が50.50点で4位、松本遥奈(クルーズ)は6位だった。ケラルト・カステリェト(スペイン)が90.00点で今季2勝目、通算6勝を挙げた。(共同)