インフル感染を防げ!丸腰で挑んだ年末帰省、母の不安を軽減した〇〇!

©株式会社サンケイリビング新聞社

沖縄⇒雪国。いよいよ子連れ帰省の時期。

頼みの予防接種を忘れ・・。幼児の感染対策の難しいこと・・・!

救世主はクレベリン!!

気持ちが楽になったインフルエンザ時期の子連れ旅行!

使えるシーンも様々!

沖縄はみんな車移動で、東京のような人混みも密閉空間もなく、インフルエンザ対策へ意識が低下していました。沖縄は夏にもインフルエンザが流行っていて、それでも無傷だったのもあり…

完全にわたしのミスです・・・ハイ(泣)

インフルエンザ予防接種は接種後数週間後に免疫力が上がるとのことで、流行り始めた時期に予防接種のために病院に行って、流行り病をもらうのもなあ…と思っていました。

数日間後悔の念・・・

なんとか藁をもすがる思いで手にしたクレベリンスティックでしたが、効果うんぬんよりも、一手を打ったという安心感が、後悔の気持ちを軽くしてくれました。

ありがとう。

※「無能夫インフル持ち込み事件」についてもいつか触れたいなあ(思い出すだけでイライラします笑)

まだマスクのできない赤ちゃんを育てている方も、電車や、病院の待合室や、雑踏のなかなど。心強いちいさなカワイイやつ。使ってみてください!

<ぎゅってブロガー/トラノホッペ>

母親より友達が多そうな2歳の息子と、激務転勤族の夫の3人家族。怒涛の都心ワンオペ育児を経験後、転勤で沖縄に住んでいます。在宅ワークを開始し、日々奮闘中です。育児は「理系的想像力」と「まあいっか」で乗り切っています。目下の課題は“産後太りが止まらない”。

トラノホッペさんの記事一覧

Instagram:https://www.instagram.com/toranohoppe/