トランプ氏、弾劾訴追棄却を要求

米上院裁判で反論書面

©一般社団法人共同通信社

トランプ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】米上院で始まった弾劾裁判で、トランプ大統領の弁護団は18日、昨年12月に下院が可決した弾劾訴追決議(起訴状に相当)の棄却を求める反論書面を提出した。ウクライナ疑惑を巡る「権力乱用」と「議会妨害」の二つの訴追条項を「断固否認する」と表明した。

 一方、裁判で検察官役を務める野党民主党の下院議員団も18日、訴追理由を説明する書面を提出し「証拠は圧倒的だ」としてトランプ氏の罷免を要求。21日の審理入りを前に双方が相手を激しく非難する展開となった。

 トランプ氏は下院の弾劾調査では参加を拒否しており、昨秋からの手続きで反論書面を提出したのは初めて。