北朝鮮外相が交代か

後任は軍出身と報道

©一般社団法人共同通信社

李容浩氏、李善権氏

 【北京共同】北朝鮮専門サイト「NKニュース」は19日、米国通として知られる外交官出身の李容浩外相が退任し、対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会トップを務めていた軍出身の李善権氏が後任に任命されたと報じた。平壌の複数の情報筋の話としている。

 昨年末の朝鮮労働党中央委員会総会では党幹部らの人事が行われた。総会終了後の写真撮影で李容浩氏の姿がなく、非核化を巡る米朝交渉の行き詰まりを受けて更迭されたとの見方が出ていた。

 北朝鮮の池在竜駐中国大使や金星国連大使らが18日に一斉に帰国。新たな布陣での外交政策について指示を受ける可能性がある。