『セカオワ』Fukase“ド派手ヒョウ柄”に衝撃…「大阪のオバチャンww」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Dean Drobot / Shutterstock 

4人組バンド〝セカオワ〟こと『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukaseが1月15日、自身のインスタグラムを更新。ド派手なヒョウ柄のコートを着こなした写真を公開したのだが、ネット上ではFukaseの容姿が〝オバちゃん化〟していることに衝撃を受ける声が続出している。

ファッショナブルな投稿で人気を集めるFukaseのポスト。《Nagashime》(流し目)というコメントとともに公開された写真では、高級ブランド『GUCCI』の黒いニット帽にド派手なヒョウ柄のファーコートを羽織ったFukaseが、大きなメガネのレンズ越しに色っぽい目をのぞかせている。また、雰囲気たっぷりの古びた自転車にまたがり、身体を預けながらポーズしたり、どこか少年っぽいウィンクをしたりと、そのポージングや表情の豊かさはちょっとしたモデルばり。ボトムスの深いグリーンと、ネイルの赤、コートのヒョウ柄という〝あくどい〟ファッションだが、見事に着こなしていると言えそうだ。

この投稿に、ファンからは、

《流し目とか需要分かってやってるんですね!! ありがとうございます尊いです》
《すきがとまらんかっこいい》
《チンピラですか? かわいい》

などと、Fukaseに翻弄されているコメントが寄せられている。

 

“オバちゃん要素”がたっぷり

一方、ヒョウ柄コートがまずかったのだろうか、ネット掲示板では、

《大阪のオバチャンみたい》
《ファッションセンスがド派手なオバサン》
《海外のファッションスナップに出てくるオバさん》
《Obasanmitai》
《おばさんになりたいおじさん》

など、Fukaseの容姿とファッションセンスが〝オバちゃん化〟していると揶揄する声が続出。また、《Nagashime》というウスら寒いコメントに対しても、

《Nagashimeって(笑) 何か恥ずかしいやつだなw》
《鼻で笑った》

などと、不本意にも小バカにされてしまっているようだ。

「昨年の夏ごろにも、Fukaseのオバちゃん化が話題になっていました。そのころと比べたら、無駄なぜい肉は落ちたように見えますし、髪型もまだ男性的。しかし、今回ヒョウ柄のファーコートにジャージ、ニット帽で自転車にまたがっているという〝オバちゃん要素〟がたっぷり詰まった写真に、ネット民たちもツッコミを入れざるを得なかったようです」(芸能ライター)

最近、容姿が〝限界突破〟していると話題の氷川きよし。Fukaseも氷川に続きたい!?

 

【画像】

Dean Drobot / Shutterstock