吉高由里子“完脱ぎ”映画『蛇にピアス』~売れっ子前夜の衝撃フルオープン!

©株式会社日本ジャーナル出版

蛇にピアス 

作品目『蛇にピアス』

ギャガ 2008年 DVD発売中
監督/蜷川幸雄
出演/吉高由里子、高良健吾、ARATA(井浦新)、藤原竜也ほか

現在放映中のテレビドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)で、スクープ週刊誌の女性記者に扮している吉高由里子。相変わらずの売れっ子ぶりだが、10年チョイ前はまだ〝無名〟だった。その初期の衝撃作として語り継がれているのがコレ。監督が舞台の鬼才として知られた蜷川幸雄で、オーディションの際、劇中に全裸のシーンがあると知った吉高が、スルスルと脱ぎ始め「こんな体ですが、よろしいでしょうか」と監督に大胆アピールした、という話がまことしやかに伝わっている。その真偽はともかく、吉高は頑張っていた!

体中にピアスと刺青の青年アマ(高良健吾)と出会った19歳のルイ(吉高由里子)はアマと付き合い、自らも舌にピアスを入れるが、アマの知り合いの刺青師でサディストのシバ(ARATA)とも関係を持ち、彼女もまた刺青を入れる。そうやって肉体改造をしながらも、ルイの心は満たされないままだった…。

原作は金原ひとみの芥川賞受賞作。蜷川は映画化にあたり「明るい世界の拒絶を描いていることが新鮮だった」と語っていた。いつの時代でも若者は、心に闇を持ち、生の渇きを感じる。また、そうでなくちゃあいけない、というわけだ。

 

乳首フルオープンが見もの

さて、当時まだ新人扱いだった吉高は、オーディションで〝全裸アピール〟をした(?)ほどだから、劇中でも当然、躊躇も遠慮もナシ。冒頭で、高良との〝カラミ〟がチラリとあるが、それはまだ序の口、手始め。メインデッシュは、こちらも全身刺青のシバを演じるARATAとの濃厚でアブノーマルな濡れ場だろう。

このARATAは現在の井浦新だが、当時のイメージは相当に違う。何しろ不気味なスキンヘッドでサディストだもの。吉高を全裸で拘束し、バックから攻め立てる〝SMセックス〟をハードに見せてくれる。最近はナイーブな印象が強いだけに、これがあの井浦新か? と思うほどで、逆にそれが新鮮でもある。そんなド迫力のARATAに翻弄される吉高は、薄ピンクの乳首をフルオープンさせ、ドMぶりを全開させて悶えるのだから、大いに見ものだろう。

あれから10余年、すっかりトップ女優となった吉高だが、お酒ガンガンの肉食系らしい奔放エピソードを今でも振りまいており、頼もしい限り。最近では、共演者の年下男優を狙って〝食おう〟としている、とかゴシップ週刊誌を騒がしている。いいじゃないの、女優が行儀良くなっちゃあツマらない。吉高由里子の初心と原点をヒシヒシと感じるのが、この『蛇にピアス』なのである。

(映画評論家・秋本鉄次)

 

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock