アメトーーク初出演からし蓮根 次は何芸人?明石家さんまと共演プランも。

©株式会社ラジオ関西

 お笑いコンビ・からし蓮根が17日放送の冠ラジオ番組『さしよりからし蓮根』(ラジオ関西)で、初出演となったテレビ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日・ABCテレビ系列)について語った。

からし蓮根のボケ担当伊織(写真:ラジオ関西)

 1月16日(木)に放送された『アメトーーク!』の企画は「芸人持ち込み企画 プレゼン大会」。出演芸人たちが自身がやりたい企画のプレゼンをそれぞれ展開した。そのなかで、からし蓮根がプレゼンしたのは「ヒモ芸人」。「ヒモ」とは、主に女性に養ってもらったり、金銭面の面倒を見てもらったりする男性のことを指すが、2017年、当時年商1億円超の会社を経営していた女性と結婚したツッコミ担当・杉本青空が「ヒモの極意」について力説し、その様子がオンエアされていた。

『アメトーーク』でヒモ芸人をプレゼンしたからし蓮根のツッコミ担当・杉本青空(写真:ラジオ関西)

 ラジオ番組では、「次にプレゼンするなら何芸人?」という話題に。漫才での熊本弁ツッコミが特徴の青空は、今回オンエアされた「ヒモ芸人」の他にも「方言芸人」という企画を事前のアンケートで提案していたという。一方、ボケ担当の伊織が提案したのは「西野カナ芸人」。自身が最も好きなアーティストに挙げる女性シンガーのプレゼンがしたかったようだ。それに対し、相方は他にメンバーが集まるのか懐疑的なリアクションだったが、伊織は「西野カナ好きの芸人は結構いる」とした上で、その一員として明石家さんまの名前をアンケートに書いたと明らかにした。さんまが西野カナが好きであるという情報をキャッチしていたという。「俺が(アメトーークの)プロデューサーやったらめちゃくちゃキレてるけどな!」と青空も指摘したやや非現実的に思えるプランだが、「可能性はゼロではない」と今後の企画採用に希望をのぞかせていた。

からし蓮根の『アメトーーク』二度目の登場はあるだろうか(写真:ラジオ関西)

※ラジオ関西『さしよりからし蓮根』2020年1月17日放送回より