【HEAT】ピーター・アーツが“暴君”ぶりを証明、右ローキックで楠ジャイロにKO勝利

©株式会社ヨシクラデザイン

楠がパンチで攻める

 アーツはK-1で3度優勝を成し遂げ、20年近くも世界トップクラスに君臨したレジェンド。"20世紀最強の暴君"の異名をとった。2013年のGLORYで”引退試合”を行うも、15年の大晦日にバンナの代役でMMAルールの試合に緊急参戦した。17年にはオランダで”母国の引退試合”を行ったが、「65歳まで試合が出来たら」と現役を続ける気満々で、今回HEATに参戦することになった。

楠からダウンを奪ったアーツの右ロー

 楠はプロボクシングで8勝(4KO)4敗の戦績を残してキックボクシング&MMAに転向。昨年11月のHEATでは、マイティ・モーを延長戦の末に判定で破っている。今年3月にはバンナとキックルールで対戦し、ローキックでKO負け。今回が再起をかけた大一番だ。

 1R、アーツが積極的に手を出し、ワンツーから右ハイ、突き放して左ハイと大技を連発。ガードを固める楠はガードを固め、打ってこいとばかりにカモンジェスチャー。アーツを挑発する。アーツの打ち終わりに楠が左右フックを振るうとアーツは後退。右フックがアーツの横顔をとらえると、アーツは表情を変え動きを止める。下がりつつ距離を取るアーツは、左ジャブから右ロー、呼び込んで左ヒザを突き上げるが、ジャイロは大振りの左右フックを見せながら前進しプレッシャーを強めていく。

アーツの右ローキックで崩れ落ちる楠

 2Rに入ると、開始早々にアーツが強烈なワンツーをヒット。顔面を打ち抜かれた楠はヨロヨロと青コーナーへ後退し、座り込むようにダウンを喫する。立ち上がった楠へアーツが襲い掛かり、ガードの上のワンツーからつなげた右ローキックを打ち込むと、苦悶の表情を見せながら楠が2度目のダウン。レフェリーが即座に試合を止めると、アーツがKO勝利に歓喜の声を上げた。

 KO勝利を収めたリング上でマイクを握ったアーツは「ミナサン、コンバンハ!」と日本語で挨拶。そして「日本に戻って来られてうれしく思います。皆さんが応援に来てくれてうれしい。ありがとうございました」と、観客へ感謝の言葉を述べた。

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

※全試合結果はこちら