【HEAT】連敗脱出の石井慧、勝因はベスト体重へ10kgの増量

©株式会社ヨシクラデザイン

試合直後の石井は今回の試合に向け「ゆっくり休んで体重を戻した」と、コンディション回復に努めたことを明かした

 1月19日(日)東京・ニューピアホールにて開催された『HEAT46』。本大会のメインイベントでブラジルMMA団体のSFTミドル級王者クレベル・ソウザ(ブラジル)に勝利し、HEAT総合ルールヘビー級王座の初防衛に成功した石井慧(CROCOP TEAM)に試合後の感想を聞いた。

「年末に負けているので、安全に行く感じになっちゃいました」と昨年大みそかの『RIZIN.20』にKO負けした試合を踏まえ、今回は勝利に徹底したという石井。「ソウザは経験が凄くあるので落ち着いていましたね。寝技に行ったら勝てるんで、打撃するつもりはありませんでした」と、ソウザの試合経験は評価しつつも、得意のグラウンドでの勝負に持ち込めたことが勝利の鍵と語った。

試合後に「キックルールでアーツ(右)とやりたい」と希望した石井、この両者の対決はHEATで実現するか

 饒舌に語るほどリラックスした様子の裏には、直近3連敗からの脱出という大きな成果の影響があったのだろう。しかしこの勝利でファンの心配を払しょくできたかと問われると「3試合連続で負けちゃったので。年末は鬼門というのがわかりました」と、これまで年末(12月29日と31日)戦績は2009年の初戦から3勝4敗と負け越し。とはいえ負けた相手は吉田秀彦、ヒョードル、ミルコ、ジェイク・ヒューンと格闘技界で超一流と言われる選手ばかり。それでも「今後は年末はゆっくり休みます」と笑顔を見せた。

☆HEAT 2020年1月19日大会 全試合結果はこちら