健康美や知性 ミセスインターナショナル 山本玲子さん全国大会へ

©株式会社沖縄タイムス社

ミセスインターナショナル九州沖縄大会でグランプリに輝いた山本玲子さん=17日、浦添市役所

 沖縄県の浦添市内でヨガスクールを経営する山本玲子さん(46)=那覇市=が、福岡県で13日に開かれた「ミセスインターナショナル九州沖縄大会」で県勢初のグランプリに輝いた。4月の全国大会にファイナリストとして出場する。日本代表になると世界大会に出場できる。

 ミセスインターナショナル部門は21~56歳の既婚・事実婚女性が対象で、健康美や知性などを審査する。計38人が出場し、ウオーキングや30秒スピーチなどに臨んだ。

 20~60代以上の年代別に審査するミズ・ファビュラス部門では、30代の部でモデルの小谷彩香さん(31)=宜野湾市、40代の部で理学療法士の具志堅奈々子さん(42)=浦添市=がそれぞれ2位に入った。また、シングルマザーが対象のグレース部門では滝口智子さん(38)=北谷町=がロート製薬賞を受賞した。

 山本さんらは17日、浦添市役所に松本哲治市長を訪ね受賞を報告した。

 山本さんは社会貢献活動を重視する大会の姿勢について「女性の地位や立場を向上させる取り組みと感じ、出場を決意した」とし、スピーチでは「ヨガを通して沖縄の女性がより自信を持てるよう支えたい」と訴えた。グランプリ受賞に「喜びと同時に頂いた賞に恥じないよう地域社会に貢献し、女性に勇気や希望を与える生き方をしたい」と目を輝かせた。九州沖縄大会事務局から預かった首里城再建支援の寄付金を松本市長に手渡した。

ミセスインターナショナル九州沖縄大会でグランプリに輝いた山本玲子さん(前列中央)=17日、浦添市役所