カード盗で現金引き出し認める

初公判、NHK契約者名簿基に

©一般社団法人共同通信社

 NHKの契約者名簿を基に高齢者からキャッシュカードを盗み、現金を引き出したとして、窃盗罪に問われた愛知県長久手市の無職大浦悟被告(21)の初公判が20日、名古屋地裁(西沢恵理裁判官)で開かれ、大浦被告は「間違いない」と起訴内容を認めた。

 大浦被告と共謀したとして、受信料の集金業務を受託していた会社の社長藤井亮佑被告(29)も同罪に問われ公判中。

 検察側は冒頭陳述で、昨年9月上旬ごろから特殊詐欺の「受け子」として活動していた大浦被告は報酬が少ないと感じ、同月中旬、知人の藤井被告に契約者の情報入手を持ち掛けたほか、窃盗の実行行為も担ったと指摘した。