日本郵便、ホンダ製新型電動バイク導入へ 1月から首都圏中心に展開

©株式会社自動車新聞社

日本郵便株式会社(以下、日本郵便)と本田技研工業株式会社 (以下、ホンダ)は、郵便配達業務で使用する電動二輪車にHonda製電動二輪車「BENLY e:(ベンリィ イー)」を導入にすると発表した。

両社は、2017年3月23日に協業を締結しており、郵便配達業務で現行の二輪車に替わる電動車両を用いた社会インフラ整備に向け、検討を続けてきた。2020年1月17日から使用を開始しており、首都圏を中心に展開するほか、一部の地方主要都市にも配備する方針だ。

ホンダ「BENLY e:(ベンリィ イー)」ば、昨年の東京モーターショー2019で「ビジネス用電動二輪車」として発表されたモデル。

動力には着脱式のバッテリー「モバイルパワーパック(MPP)」を採用しているため、長い充電時間を必要とせずにバッテリーの交換のみで済む。

ホンダは、風力発電で得た電力をMPPに活用する実証をフィリピンで、ICTを活用したMPPのシェアリング実証をインドネシアで行うなど、再生可能エネルギーを活用した環境負荷の低減と両立したサービスづくりに取り組んでおり、国内でMPPを搭載した電動二輪車の大規模な導入は今回が初

となる。

※LIGARE調べ

■詳細(日本郵便プレスリリースより)

1: 導入目的

地球環境に配慮した企業活動の一環として、持続可能な郵便・物流事業を推進するため

2: 導入スケジュール(予定)

2019 年度中 200 台

2020 年度中 業務上の実用性を見て検討(2,000 台程度を検討)

3: 配備エリア

2020 年 1 月より、新宿・日本橋・渋谷・上野郵便局の4局から使用を開始。東京都をはじめとした首都圏の近距離配達エリアに配備するとともに、一部の地方主要都市の郵便局にも配備する方針。

4: その他

今回の導入により、2020年度末には東京都内における郵便配達業務用二輪車の2割が電動二輪車となる予定

5: 車両特徴・外観

・スクータータイプを採用

・バッテリーは着脱式

・チューブレスタイヤを使用