熱気人(あつぎびと)

©株式会社VOTE FOR

■一杯のコーヒーで「小さな贅沢(ぜいたく)」を
コーヒー店店長 戸田亜希さん(44)
コーヒー店で店長を務めて5年になります。10年前、大学時代によく通っていた市内の店舗が移転のためスタッフを募集していたのを見つけ、働き始めました。
店の自慢は、コーヒーのコクと旨みをしっかりと引き出すために、豆を敷地内にある工場で炭火焙煎(ばいせん)していること。手間も時間もかかる炭火での焙煎は県内でも珍しく、焼きたての豆を一番おいしく味わえるのも売りの一つです。
人の味覚は十人十色。コーヒーの味も、豆の産地やひき方、ブレンドの仕方で異なります。だからこそ、お客さんの好きな食べ物やコーヒーを飲むタイミングなど、コーヒーの好み以外の情報も聞き、一番合った豆をお薦めするよう心掛けています。お客さんが新しい味に出合い、「おいしかったよ」「また飲みたい」と言っていただけたときが何よりうれしいです。
お店で扱う豆は少し高く、店舗は駅から離れた場所にあります。それでもわざわざ足を運んでくれたからには、ここでしか味わえない「小さな贅沢(ぜいたく)」を感じてもらいたい。これからも、大好きなコーヒーを通して多くの方にちょっとした幸せを届けたいです。