阪神・淡路大震災25年の日に1日限りで復活『林原めぐみのHeartful Station』

SNSに歓喜の声多数!

©株式会社ラジオ関西

 2020年1月17日は阪神・淡路大震災から25年を迎え、各地でイベントや各メディアで特集が展開されたなか、神戸のラジオ局、ラジオ関西では、声優の林原めぐみがパーソナリティーを務め、約24年放送されていた人気ラジオ番組『林原めぐみのHeartful Station』が1日限りで復活。特別番組『林原めぐみのHeartful Station 2020』として、同日午後1時30分より90分間放送された。

林原めぐみと保志総一朗(写真:所属事務所提供)

 番組テーマソング「虹色のスニーカー」が流れると、「5年ぶりのごぶさた」と挨拶した、林原。「約5年ぶりとのことですが、そんなに経った?」と林原もいうように、当時のパートナーである声優の保志総一朗が出演しただけでなく、レギュラー放送時の番組スタッフも集結するなど、スタジオの雰囲気も放送当時そのまま。「神戸の風を吹かせつつ、今日は90分、めぐみについてこい!」という威勢のいい掛け声とともに放送がスタートすると、林原と保志の当時さながらのテンポのいいトークが繰り広げられていった。途中、レギュラー放送当時のジングルがそのまま使われた際には、林原が「よく残っていたね」と、なつかしむ場面もみられた。

 1991年に東京のラジオ局で始動後、ラジオ関西でオンエアが再スタートした『林原めぐみのHeartful Station』。95年の阪神・淡路大震災が発生直後は、放送の継続が危ぶまれた時期もあったり、「元気な歌を届けよう」としたなかでも安否確認の放送を止めてまで放送することに非難の声が届いたこともあったという。それでも、郵便事情が整った後に「あのとき放送してくれてありがとう」などと被災者からハガキでメッセージが送られ、番組自体が元気づけられたというエピソードも紹介された。「災害に関わったからということではないが、何か『これが正しい』と思ったとき、逆の側から見て、それが正しいといえるのか、そういったことをひとつ大きく教わった」と、林原にとっても、この番組から得たものは大きかったようだ。特番のなかでは、リスナーのメッセージとともに、阪神・淡路大震災当時のこと、防災のことなども語られた。

 さらに、特番では『林原めぐみのHeartful Station』ゆかりの面々からも音声コメントが届けられた。なかでも、同じラジオ関西で放送中の『青春ラジメニア』(土曜午後8時~)のパーソナリティーを務める岩崎和夫と南かおりからは「めぐさん(林原)はいつも神戸に心を寄せてくれていた」とメッセージが送られていた。

 この特番放送に際し、番組を待ち望んでいたリスナーからのおたよりなども数多く届けられていただけでなく、放送時間中はTwitterのハッシュタグ「#megumi_hs2020」がトレンド入りするなど、5年のブランクがあったなかでも『林原めぐみのHeartful Station』の人気ぶりが改めてうかがえた。

 最後には、「終わっちゃうよ~。来週もやる感じがするのに」と林原が言えば、保志も「なんだろ、この日常感。毎週やる感じがするよね。体感的にはいつもの60分みたい」と共感するように、単発の特番とは思えない雰囲気のよさが伝わった、『林原めぐみのHeartful Station 2020』。「折にふれて、皆さんとハガキやメールで会話できるような、ちょっとだけタイムラグのあるラジオという場所で、また会えたらうれしいな」と、林原はラジオのよさを述べて、番組を締めくくっていた。