フリマ落札者に代金を二重請求

詐欺多発、ネット決済悪用

©一般社団法人共同通信社

 フリーマーケットアプリに出品されていた商品を購入したところ、出品者と家電量販店の両方から代金を請求された―。利用者の間で、こんな被害が急増している。インターネットを使った決済サービス「Paidy(ペイディー)」の仕組みを悪用した詐欺とみられ、大手家電量販店はペイディーの取り扱いを禁止。ペイディーの運営会社はサービスを一部停止し、警察に被害届を提出するとしている。

 ペイディーは、携帯電話番号とメールアドレスを登録すれば、現金がなくてもネット上で物品を購入できる決済サービス。支払いは銀行やコンビニなどで後日すればよく、クレジットカードがなくても使える。