無人駅のJR上越線・土合駅、グランピング施設に 屋外ロウリュサウナも

©Traicy Japan Inc,

JR東日本とJR東日本スタートアップ、VILLAGE INCは、上越線の土合駅を活用した地域活性化実証実験として、無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」を開設する。

宿泊施設「モグラハウス」は、一般のテントに比べて、頑丈で断熱性に優れており、冬でも暖かく快適に過ごせるのが特徴。寝具や照明器具、アメニティ付で、夕朝食付き。駅舎内ラウンジ「モグcafe」では、おにぎりや味噌汁などの軽食も販売する。野外ロウリュサウナも設置する。

開催期間は2月12日から3月22日までで、1月20日から宿泊モニターの募集を開始する。客室数は2室。宿泊料金は1人18,000円(税別)。