ウイイレ2020、最強の「キャプテンシー持ち」選手TOP10

©株式会社コリー

9月に発売された『eFootball ウイニングイレブン2020』(PES2020)。日々新しい選手カードが登場し、さらなる盛り上がりを見せている。

今回はそこに収録されている者の中から、『キャプテンシーを持っている選手』で総合値が最も高い10名を特集しよう。

10位:サミル・ハンダノヴィッチ(FP)

所属クラブ:インテル

ポジション:GK

総合値:92

1月16日に4枚目のFPバージョンが追加されたハンダノヴィッチ。キャプテンシー持ちの守護神は総合値92に達した。

9位:マヌエル・ノイアー(FP)

所属クラブ:バイエルン

ポジション:GK

総合値:92

キャプテンシーの他に低弾道パントとロングスローを備えているノイアー。FPバージョンが2種類あるが、そのどちらも総合値92である。

8位:アリソン(FP)

所属クラブ:リヴァプール

ポジション:GK

総合値:92

意外にFPバージョンが2種類しかないアリソン。もともと総合値90とかなり高い選手であり、10月に登場した2枚のどちらも総合値92となっている。

7位:ジェラール・ピケ(FP)

所属クラブ:バルセロナ

ポジション:CB

総合値:92

10月と12月にFPバージョンが登場したジェラール・ピケ。どちらも総合値は92となっており、キャプテンを任せるには十分以上の選手に。

6位:セルヒオ・ラモス(FP)

所属クラブ:レアル・マドリー

ポジション:CB

総合値:92

ラモスのFPバージョンも数多く、4種類が存在。そのうち3つが総合値91だが、実は9月に登場した一番最初のものが総合値92となっている。

5位:セルヒオ・ブスケツ(FP)

所属クラブ:バルセロナ

ポジション:DMF

総合値:92

ターン系スキル、パス系スキル、守備系スキル、そしてキャプテンシーまで持つブスケツ。2種類のFPカードが両方とも総合値92だ。

4位:フィルヒル・ファン・ダイク(FP)

所属クラブ:リヴァプール

ポジション:CB

総合値:94

FPバージョンが4種類存在し、そのうち3つが総合値94となっている。10月10日に出たものだけが総合値93だが、差はほとんどない。

3位:ハリー・ケイン(FP)

所属クラブ:トッテナム

ポジション:CF

総合値:94

得点を取るためのスキルが揃っているウイイレ2020屈指のストライカー。3種類FPが存在するが、そのうち9月12日登場のものが94と突出している。ほかは92だ。

2位:クリスティアーノ・ロナウド(FP)

所属クラブ:ユヴェントス

ポジション:LWF

総合値:97

5種類もFPバージョンがあるクリスティアーノ・ロナウド。そのうち3種類が総合値97に達している。

1位:リオネル・メッシ(FP)

所属クラブ:バルセロナ

ポジション:RWF

総合値:98

やはりここでもメッシが1位。FPバージョンの数でも6種類と非常に多く、そのうち2種類が98となっている。手に入れるのは非常に難しいだろうが…。