東芝、「量子暗号通信」事業化へ

20年度、日本企業で初

©一般社団法人共同通信社

 東芝は21日、情報の盗み見を防ぐ次世代技術「量子暗号通信」を2020年度に事業化すると発表した。まずは米国市場で金融業界向けに、秘匿性の高いデータを安全に送受信できるシステムの提供を目指す。東芝によると、日本企業による事業化は初めてという。世界的に暗号技術の開発競争が激化する中、市場をけん引したい考えだ。

 量子暗号は情報を暗号化した上で、解読に必要な「鍵」を素粒子の一つである光子(光の粒)に乗せて送受信する仕組み。第三者が盗み見ようとすると光子の状態が変化して、鍵として使えなくなる。

 現在の主流は複雑な素数を組み合わせて作る暗号。