<あのころ>御用受承り所

メッセンジャーの店開き

©一般社団法人共同通信社

1947(昭和22)年1月21日、東京都内の一角で「恋のお便りもいたします」と店開きしたのはメッセンジャー屋さん。現在も車が渋滞する都会を軽快な自転車で緊急書類を企業などに届ける仕事をメッセンジャーと呼んでいるが、戦後のこの時期から同じお使い商売があったようだ。