朝日新聞「三菱電機にサイバー攻撃」報道の背景を知る

©株式会社ジェイ・キャスト

2020年1月20日の朝日新聞は一面と社会面で三菱電機がサイバー攻撃の被害にあっていることを大々的に報じ、夕刊では日経新聞なども追いかけた。朝日は、中国系組織の介在を強く示唆していた。

サイバー攻撃の現状については、BOOKウォッチですでに『サイバー完全兵器』(朝日新聞出版)に詳しい。著者のデービッド・サンガーさんはNYタイムズで国家安全保障を担当するベテラン記者。取材チームの一員としてこれまでにピュリッツァー賞を3度も受賞している。

写真は『サイバー完全兵器』(朝日新聞出版)

今や世界の約30か国がサイバー攻撃能力を持つという。同書は具体例をもとに、「軍事戦争」には至っていないのに、特定の国家間ではサイバー空間で攻撃が行われている実態を克明に伝えている。同じ朝日の出版物なので、朝日の特ダネは本書の延長上にあるといえそうだ。

BOOKウォッチではこのほか、『ドローン情報戦――アメリカ特殊部隊の無人機戦略最前線』(原書房)、『「いいね! 」戦争――兵器化するソーシャルメディア』(NHK出版)なども紹介している。

  • 書名:サイバー完全兵器
  • サブタイトル: 世界の覇権が一気に変わる
  • 監修・編集・著者名: デービッド・サンガー 著、高取芳彦 訳
  • 出版社名: 朝日新聞出版
  • 出版年月日: 2019年5月20日
  • 定価: 本体2300円+税
  • 判型・ページ数: 四六判・512ページ
  • ISBN: 9784022516091

(BOOKウォッチ編集部)