軌道回路不具合、一時運休や遅れ

登別・幌別駅

©株式会社室蘭民報社

 20日午後10時ごろ、JR室蘭線幌別駅構内で列車の在線を知らせる軌道回路に不具合が発生した。修復作業のため、普通列車1本が運休、特急と普通列車の計2本に最大約2時間の遅れが生じ、乗客ら約30人に影響があった。

 JR北海道によると、信号ケーブルを取り換えたところ、不具合が解消したため、ケーブル不良が原因とみている。