“バッドボーイズな二人”ウィル・スミス&マーティン・ローレンスのインタビュー到着!

©株式会社近代映画社

1月31日(金)より全国公開される「バッドボーイズ フォー・ライフ」より、主演のウィル・スミス&マーティン・ローレンスのインタビューが到着した。

あの黄金コンビが17年ぶりにスクリーンに帰ってくる!

全世界でシリーズ累計4億ドルを突破した大人気シリーズ『バッドボーイズ』。その第3弾となる『バッドボーイズ フォー・ライフ』が、2020年1月31日(金)より全国公開となります。 1995年、製作ジェリー・ブラッカイマー&監督マイケル・ベイのハリウッド 映画史上最高のヒットメーカー・チームが放った『バッドボーイズ』。マイアミ を舞台に、ウィル・スミス×マーティン・ローレンスという2人の刑事が挑んだ本作は、カーアクションと銃撃戦をたっぷりと盛り込み、身体をフルに使った体当たりの映像でアクション映画の真髄を伝え、ブラッカイマー× ベイコンビの金字塔を打ち立てた。さらに、8年後の2003年 には『バッドボーイズ 2バッド』で再びブラッカイマーとベイの製作チームで、この黄金コンビが再会。そして2020年、ウィル・スミスが“バッドボーイズ”として再び帰って来る!

STORY

ブランド物のスーツをスイリッシュに着こなし、得意のドライビングテクニックを見せてポルシェをカッ飛ばすマイク・ローリー(ウィル・スミス)と、家族こそが守るべき大切なものとして、危険な職務には消極的なマーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)。若いエリートたちとチームを組むことになった2人は、年寄扱いされることに我慢できずにいた。そんな中、マイクが何者かに命を狙われ、“バッドボーイズ”に最大にして最後の危機が訪れる!

ウィル・スミス&マーティン・ローレンスによるインタビュー公開!

——『バッドボーイズ フォー・ライフ』でのマイクとマーカスの関係について教えてください。

ウィル・スミス(以下ウィル)「離れていく友情関係を探求できるのは最高だなと思ったんだ。成長する意欲がなくなると、友人たちが歩んでいる道から離れていくことがある。そういう形で離れ始めるマイクとマーカスの姿が見えてくるんだ」

マーティン・ローレンス(以下マーティン)「ウィルと一緒にまた『バッドボーイズ』映画を作るのが待ち遠しかったよ。あの2人は最高のコンビだ。でも今回は、映画の中でマーカスも言っているように、『前と同じじゃなくて、リミックスなんだ』」

——本作では、ハイテクな捜査手法を導入するために新設されたエリート班、マイアミ・ハイテク捜査班 (AMMO)が登場し、バッドボーイズvs新しい警察活動という新しい関係にも光が当てられていますね。

ウィル「マイクとマーカスが知っているのは、ドアを蹴破るような仕事のやり方だ。でもAMMOのメンバーは、それとは違うやり方があるということを2人に示すんだ。その点も僕がこのストーリーに強く惹かれた理由の一つなんだ」

マーティン「ご存じの通り、マイク・ ラーリーはいろいろなものを蹴飛ばすのが大好きだからね。彼の場合、ただドアを蹴って開けるだけでなく、蝶番から外すほど蹴るんだ」

——マイクとマーカスがバイクで敵を追いかけるチェイスシーンでは、マイクがバイクにまたがり、マーカスはサイドカーに乗っています。

ウィル「あのバイクチェイスは、この映画の目玉シーンの一つになると思うよ」

マーティン「いかにも『バッドボーイズ』特有のシーンでありながら、今まで見たこともないようなシークエンスになっているんだ。マーカスがサイドカーに乗っているというのが、『バッドボーイズ』特有の雰囲気を作っているよ」

日本でお馴染みの“あぶない刑事”よりも危険な“バッドボーイズ”が活躍する「バッドボーイズ フォー・ライフ」は1月31日(金)より公開!

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』 オフィシャルサイト ソニー・ピクチャーズ