東証反落、終値は218円安

中国新型肺炎拡大を不安視

©一般社団法人共同通信社

東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 21日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4営業日ぶりに反落し、節目の2万4000円を割り込んだ。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が経済に及ぼす悪影響を不安視した。終値は前日比218円95銭安の2万3864円56銭で、10日以来の安値。20日までの株高の反動で、利益を確定する売りが出た。

 東証株価指数(TOPIX)は9.19ポイント安の1734.97。出来高は約9億1200万株。

 春節(旧正月)に合わせた大型連休を前に、訪日客の消費をはじめとした経済活動が鈍ると意識され、小売りやサービス、空運株などが値下がりした。