上越エリア宿泊料 最大5千円お得 台風19号で被災 県、旅行需要喚起へ支援

©株式会社新潟日報社

 昨年10月の台風19号で被災した新潟県の上越、妙高、糸魚川の3市の旅行需要を呼び起こそうと、県は20日までに、上越エリアの宿泊料金の割引を支援する「上越エリアスノーリゾートキャンペーン」を行うことを決めた。対象は旅行会社などで、1人当たり最大5千円を補助する。

 3市は台風19号による大雨で災害救助法が適用された。これを受けて県は、観光業を支援する国の助成制度を活用し、2558万円の補正予算を組んでいた。

 事業は、上越エリアで割引商品を販売する旅行会社19社と宿泊事業者38施設に対し、割引分をまかなう。1人1泊1万円以上には5千円以内、6千円~1万円未満には3千円以内で補助する。観光客は割引価格で手頃に旅行ができる。

 3月14日宿泊分までが対象。予算額に達したら販売を終了する。一部を除き既に発売が始まっており、特設サイトで対象施設などを確認できる。アドレスはhttps://fukkouwari-niigata.com/

 今冬は少雪でオープンできないスキー場があるなど、旅行需要の冷え込みが懸念されている。県観光企画課は「上越の観光地も少雪で厳しい状況にある。キャンペーンを活用し、多くの客に来てほしい」とする。