NTT東日本がeスポーツの新会社「NTTe-Sports」の設立を発表!2020年夏に秋葉原でeスポーツ施設をオープン

©株式会社イクセル

東日本電信電話、エヌ・ティ・ティ・アド、西日本電信電話、NTTアーバンソリューションズ、スカパーJSAT、タイトーは、共同出資を行い、eスポーツ分野における新会社「NTTe-Sports」を1月31日予定で設立すると発表。本日1月21日に設立記者会見を開催した。

本日行われた設立記者会見では、新会社である「NTTe-Sports」の事業コンセプトが説明された他、NTT東日本のICT技術を活用した遠隔対戦やプロ選手を招いてのエキシビジョンマッチなどが行われた。

まずはNTTe-Sportsの代表取締役社長に就任予定の澁谷直樹氏より新会社の設立経緯が語られた。もともとNTT東日本は、通信ネットワークやICT(情報通信技術)を軸にeスポーツ施設やイベントのICTソリューションの提供、企画運営支援を行っていたという。しかし、その過程で「参画プレイヤーが多種多様」で「変化のスピードが著しく早い」eスポーツ市場で、より幅広く効率的に事業を進める必要性を感じたという。

そこで新たにeスポーツ分野における新会社を設立。ICTの力を生かしながら、次世代eスポーツのトータルソリューションの提供やコミュニティの推進、地域社会と経済活性への貢献を実現していくという。

澁谷直樹氏

続いて、NTTe-Sportsの取締役副社長に就任予定の影澤潤一氏が新会社の事業概要を説明。

影澤潤一氏

主な事業は以下の5つとなり、未来技術を活用した先進的なeスポーツ施設の開設、イベント運営効率化やマッチング・配信等が行える総合プラットフォームの構築、遠隔コーチングやバイタルデータ分析などの人材教育サポート、遠隔実況やAI開設によるエンターテイメントショーケースの提供などのイベントソリューション、そしてそれらeスポーツを活用した地域活性化だ。

2020年7月以降には秋葉原UDX内に新たなeスポーツ施設を開設予定だという。ここでは、コミュニティやプロ選手らを誘致し施設収益を確保。また低コストで付加価値の高いイベントやサポートメニューの提供を目指す。

パートナー企業との協業による具体的な取り組みも紹介。5月16日・17日に全国決勝大会が行われる「闘神祭2020 -World Championship of ARCADE-」をタイトーと共催。NTTe-Sportsは競技進行や会場で必要となるICTソリューションを提供する他、エンターテイメント性や配信面の強化・海外展開拡大を見据えた企画運営にも協力する。

また、サードウェーブが提供する「eスポーツ部発足支援プログラム」にも共同で提供拡大を図る。競技指導者が不在でも学生の成長を支援できるような、ICTを活用した指導サポートを提供予定だという。

なお、今回の新会社設立にあたり各出資者の役割は以下のようになっている。

記者会見終了後は「NTTe-Sports」設立を記念したエキシビジョンマッチも行われた。ここでは「ぷよぷよeスポーツ」と「ストリートファイターV」による対戦を実施。「ストリートファイターV」では、“かげっち”として自身も長年イベント運営やプレイヤーとしても活躍している影澤潤一氏がプレイ。タレントの倉持由香さんやTeam Liquidに所属するプロゲーマー・ネモ選手と接戦を繰り広げた。