令和最初のミス日本が決定!グランプリはアナウンサー志望の慶大生

©株式会社フジテレビジョン

「第52回ミス日本コンテスト2020」が1月20日(月)に行われ、グランプリが決定した。

「ミス日本コンテスト」は、日本らしい美しさを磨き上げ、社会で活躍することを後押しする日本最高峰の美のコンテスト。これまでにも、芸術、芸能、学問研究、政治経済、医療、スポーツ、地域、家庭など様々な分野で活躍する女性を輩出してきた。

52回目の開催となる今回は、全国2525名の応募の中から、13名がファイナリストに進出。着物、ドレス、水着姿での審査や、得意の歌を披露するなど自己PRタイムなどを経て、アナウンサー志望の慶応大学生・小田安珠さんが選ばれた。

小田さんは、「令和の時代を引っ張っていけるような女性になれるように努力していきます」と、ミス日本としての決意を語るとともに、「背中を押してくれた母に“ありがとう”と伝えたいです」と、目を潤ませて家族への感謝も。

また、「私はずっとBSフジで学生キャスターとしてニュースを伝えてきたので、三田友梨佳さんに憧れ、毎晩『FNN Live News α』(フジテレビ系)を見て勉強していました」とコメント。「キャスター活動をつづけながら、キャスターやアナウンサーという枠にはとらわれず、伝えるという仕事をもっと磨いていきたい」と、意気込みを語った。