楽天生命パーク宮城に宿泊施設、4月オープン プロ野球スタジアム初

©Traicy Japan Inc,

楽天野球団は、楽天LIFULL STAYと、楽天生命パーク宮城のレフト側後方「スマイルグリコパーク」内に、宿泊施設「Rakuten STAY x EAGLES」を、4月17日にオープンする。

全4室で、大型ガラス窓を配置したリビングとダイニングのほか、バーベキューグリルが付いた専用庭と屋上スペースを、1階と2階の部屋にそれぞれ設けた。室内には楽天イーグルスのチームカラーやロゴ、グッズなどの装飾を施した。楽天コミュニケーションズが提供する「あんしんステイIoT」と「スマートロック」を導入し、タブレット端末を用いて、無人でチェックイン、チェックアウトができる。

楽天イーグルスの試合開催日には、室内や屋外でくつろぎながら、「スマイルグリコパーク」越しにスタジアムの雰囲気を体感できる。試合開催日以外の宿泊もできる。

定員は1階は6名、2階は8名。チェックインは午後1時、チェックアウトは午前9時。宿泊料金は1室25,000円から。

予約受付は、楽天が運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」と、楽天LIFULL STAYが運営する宿泊・民泊予約サイト「Vacation STAY」で、3月17日より開始する。