軽トラで営業!宜蘭県・頭城駅前の台湾人おすすめ揚げネギ餅がおいしすぎる【台湾】

©株式会社オンエア

台湾の宜蘭県には魅力的な観光スポットやグルメ店が点在しています。礁溪駅から二駅でアクセスできる頭城も、レトロ感たっぷりで人気のスポットです。今回は台湾人の友人おすすめの揚げネギ餅のお店「頭城車站阿伯炸蛋葱油餅」を紹介します。このお店、なんと軽トラックの上でネギ餅を揚げているんですよ。

宜蘭県・頭城(トウチェン)ってどんなところ?

宜蘭県にある頭城(トウチェン)は、礁溪駅から鉄道に乗って二駅でアクセスできるローカルな観光地です。宜蘭礁溪観光の合間にちょっと寄ってみるのにぴったり。駅から徒歩5分ほどの場所には頭城老街という古い街並みが残されており、歴史を感じるレトロな街の雰囲気が楽しめます。今回は頭城駅のすぐ近くにおいしいネギ餅屋さんがあるということで、台湾人の友人がバイクで連れて来てくれました。

駅前の軽トラックで営業!「頭城車站阿伯炸蛋葱油餅」

友人は「駅のすぐ横にある」と言うのですがお店のようなものは見当たらず、一体どこだろうと思っていたのです。そしたら「ここだよ〜」と言われてびっくり、この軽トラックが人気のネギ餅のお店ということでした。思わず「えっ、この車?」と聞いてしまいました。

ここは「頭城車站阿伯炸蛋葱油餅」というお店で、駅前の駐車場の横に停めてある軽トラックで揚げネギ餅を販売しているとのことです。確かに平日11時頃という中途半端な時間でありながらも、お客さんがパラパラと訪れていました。

メニューは炸蛋蔥油餅(揚げネギ餅玉子入り)のみ

メニューは「炸蛋蔥油餅(揚げネギ餅玉子入り)」のみで、価格は35元(約130円)です。注文が入るとその場で揚げてくれます。高温で揚げられていくうちに生地がフワッと膨らみ、そこに玉子を割り入れ、たっぷりのネギをのせてくれます。宜蘭はネギの産地として有名ですが、こんなにもたっぷりのネギが入っているとなると期待も高まります。

辛さはお好みで選ぶことができ、筆者たちはほんのりピリ辛の小辣(シャオラー)で注文しました。その場でタレをぬり、2つに折って紙袋に入れてくれます。

揚げネギ餅は結構大きくて、手に持つとずっしり。これはもう間違いなくおいしいだろうなぁと、手に持った瞬間から期待してしまいます。

熱々の揚げネギ餅のお味は?

では、さっそく熱々のうちにいただいてみます。生地の表面はサクッとしつつも中はもちもちで、これは台北ではなかなか味わえない食感だと感じます。半熟気味の玉子とたっぷりのネギ、絶妙な塩加減のタレとサクサクもちもち生地とのハーモニーが絶妙!

礁溪エリアの超人気ネギ餅店「柯氏葱油餅」もおいしかったのですが、こちらも同じくらいおいしいと感じました。台湾人の友人曰く、礁溪の「柯氏葱油餅」よりこっちの方がおいしいという人もいるようですよ。

宜蘭県に足を運んだなら、ご当地グルメとしてこの揚げネギ餅を味わわないと損だなと、改めて思いました。頭城駅に訪れる機会があれば、ぜひ寄ってみてくださいね。

頭城車站阿伯炸蛋葱油餅

住所:宜蘭縣頭城鎮纘祥路59號

[All photos by Yui Imai]

Do not use images without permission.