陸奥宗光の書簡発見、和歌山大

県政への干渉示す

©一般社団法人共同通信社

和歌山大で見つかった陸奥宗光の書簡

 和歌山大は21日、明治時代に活躍した和歌山県出身の政治家陸奥宗光が大臣在任中、県政に干渉していたことが分かる手紙が学内の史料から見つかったと発表した。

 和歌山県選出の衆院議員だった児玉仲児に宛てた書簡で、陸奥が1892年1月に新任された知人の県知事に対し県政に関する助言をしたことなどが記されている。書簡は県知事の就任直後に書かれたとみられ陸奥の農商務相の在任期間と重なる。

 書簡は横72.5cm、縦18.1cm。和歌山大の藤本清二郎名誉教授が学内に所蔵されている史料を整理している過程で発見した。戦前に同大教育学部の前身である県師範学校が入手したとみられる。