中島健人の「アカデミー賞」注目作品は堂本光一と盛り上がった映画!?

©株式会社東京ニュース通信社

WOWOWプライムで2月10日に生中継する「生中継!第92 回アカデミー賞授賞式」(午前8:30)で、現地のレッドカーペットより授賞式へ向かうスターたちの様子を伝えるSexy Zone・中島健人が「『今年はこういう映画が素晴らしかった』というのを分かりやすく伝える、映画ファンの皆さんのサポーターという意識で臨みたいですね。世界のスターのすごさを自分が感じることによって、よりそのすごさを視聴者の皆さんにお伝えしたいと思います」と意気込みを語った。

WOWOWプライムでは、「第92回アカデミー賞授賞式」をアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターより生中継するが、スペシャルゲストの中島は授賞式当日にレッドカーペットからリポートするほか、事前にハリウッドで取材も敢行。この取材の模様は 1月26日放送のミニ番組「中島健人ハリウッド映画の街を行く」(午後9:45※無料放送)、そして2月8日放送の「第92回アカデミー賞 直前総予想」(午後8:00)で放送される。

事前取材もこなす中島は注目俳優にクリスチャン・ベイルを挙げ、「先日、KinKi Kidsの堂本光一くんとお会いして『フォードvsフェラーリ』の話で盛り上がりました。男たちが心騒ぐ映画というか、本当に燃えましたね。もちろん退屈する瞬間がないし、競争する男たちが好きだなと。新たなヒーロー像が生み出されていく中で、王道のバディもので、人々が好きなもの――競争、絆といったものが描かれていて」と先輩とも盛り上がったことを明かした。続けて、「クリスチャン・ベイルに会いたいですね。なぜ会いたいのかというと、クリスチャン・ベイルの出演作の『マシニスト』がすごく好きで。作品によって自分を変幻自在に変えていく姿がすごく印象的で、どういうふうにお芝居に対して人生をささげているのか? 今回の映画もものすごく良いので、会えるかどうかは分からないですが、ひと作品ごとの情熱についても聞きたいですね」と熱い思いを語った。

また、「劇場に行って1日3本くらい見る日もあるんですよ」という映画好きの中島は、「基本的に家族全員、洋画が好きで、特に母親がおすすめを教えてくれます。本当に洋画好きの家族で、いまでも父と母3人で映画に行きます」と両親から影響を受けている。そんな中島が印象に残っている授賞式は、第86回のエレン・デジェネレスが司会を務めた回だそうで、「会場にピザを(宅配で)とったり、自撮りをしたりしていて、空気がすごく柔らかいアカデミー賞になったというのが印象的で、僕はすごく好きでした」と話している。

最後に中島なりのアカデミー賞を楽しむポイントとして「これはアカデミー賞のみならず、いろんな授賞式や歌謡祭などでも僕が注目していることなんですけど、スターの方々が着席しているときにステージを見ている表情というのが僕はすごく大事だと思っていて。発表の瞬間に垣間見える表情の変化など、スターにも人間味があるということにも注目していただきたいと思います」と視聴者に呼び掛けている。