北海道エアシステム、ATR42型機の就航延期 4月12日就航

©Traicy Japan Inc,

北海道エアシステム(HAC)は、新機材のATR42-600型機の就航日を、4月12日に変更する。

当初は3月29日を予定していたものの、機材の受領が遅れたことから、就航までの準備期間を確保するため、変更を決めたという。4月11日までは、従来どおりSAAB340Bで運航する。初便は、同日の札幌/丘珠発釧路行きのJAL2863便となる。

初号機は、北海道の大自然をイメージした特別塗装を施している。2号機は9月にも受領し、10月から運航を開始することを予定している。