米、EUに車関税「真剣に検討」

貿易問題で再び圧力

©一般社団法人共同通信社

21日、スイス・ダボスでの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で演説するトランプ米大統領(AP=共同)

 【ダボス共同】トランプ米大統領は21日、欧州連合(EU)と貿易協定を結べなければ、EUから輸入する自動車への高関税発動を「真剣に検討する」と述べた。米欧間の貿易協議を進めるため改めて圧力をかけた。実際に発動すればEUは報復関税を課す構えで、米中に続く関税合戦に発展する恐れがある。

 トランプ氏は記者団に「欧州と貿易協定を締結できるだろう」と自信を示す一方で、「できなければ、何かしなければならない」と述べ、EUに譲歩を促した。