奄美のチョウ、羽寄せ合い越冬

「リュウキュウアサギマダラ」

©一般社団法人共同通信社

海沿いの林の中で集団越冬するリュウキュウアサギマダラ=21日、鹿児島県・奄美大島

 鹿児島県・奄美大島の海沿いにある林で、黒地に淡いブルーの斑紋が特徴のチョウ「リュウキュウアサギマダラ」が、集団で越冬している。寒さに耐えながら木の枝やつるなどに羽を寄せ合ってぶらさがり、春の訪れを待つ。

 リュウキュウアサギマダラは国内では南西諸島以南に分布する。羽を広げた大きさは10センチほどで、気温が15度以下になると集団で枝やつるに止まる習性がある。気温が上がると飛び回る。

 奄美大島では、1月から3月ごろの風物詩として写真の愛好家や観光客らに人気だが、近年では見られる機会が少なくなっている。