市民と行政、議会が「ワンチーム」で復興を目指します

©株式会社VOTE FOR

南房総市議会議長 飯田 彰一

新年あけましておめでとうございます。

平素より市議会に対しまして、温かいご支援並びにご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

また、昨年の度重なる風水害により被災されました市民の皆様には、改めて心よりお見舞い申し上げます。

昨年を振り返りますと、今上天皇の即位、『令和』の幕開けと、お祝いムードと新時代への期待感に包まれながらスタートしました。

しかしながら、台風15号以降の度重なる風水害で市内各地は甚大な被害を受けてしまいました。

復興が道半ばであることは、市民の皆様も実感されていることと存じます。一刻も早く平穏な市民生活を取り戻すため、議員一同、努力してまいる所存でございますが、その道のりが険しいことも承知しております。昨年、ラグビーワールドカップで大躍進した「日本代表」のように市民と行政、議会が「ワンチーム」となり、復興を目指してまいりますので、一層のご指導、ご協力をお願い申し上げます。

今後は、復興に向けた取り組みを加速させるとともに、この災害で得た教訓をもとに、防災対策の強化にも取り組み、災害に強く安全で住みやすいまちを共に創り上げてまいりましょう。

さて、いよいよ東京オリンピックイヤーとなりました。開会式間近の7月には、市内でも聖火リレーが行われることになりました。「岩井海岸」から「道の駅富楽里とみやま」までの間を聖火がリレーされ、数日後、東京オリンピックが開幕します。日本中が熱気と興奮に包まれることでしょう。このオリンピックを契機に南房総にも多くのひとに訪れていただき、市内の元気を取り戻し、復興への足掛かりとしたいものです。

新たな時代の中、多様化する課題の解決、市民の負託に応えるため、議員一人ひとりはその責任の重さを強く感じ、行動してまいります。

本年も、なお一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、新しい年が皆様にとりまして、より良き年となりますことを心より祈念いたします。